自社物流を行う新亜光学工業株式会社!経営にプラスの部分が多い理由も紹介

>

顧客対応にも活かされている部分とは?

接客の面では

物流の仕事は、顧客に商品を品質良好な状態で届けることは大事です。そのうえで接客も良いと、より好印象を抱いてもらえるでしょう。上手くいけば他所の企業と差をつけられて、1つのセールスポイントになります。

新亜光学工業株式会社は国内外の企業と取引をしており、物流社員も接客を行います。外国語を話せる社員も在籍しており、海外の顧客へも安心感や親近感を抱けるポイント。特に複数回取引がある場合、光学製品や精密機械に関する相談を受けますが、十分な対応で各商品を安心して使用できるようにします。

また、身だしなみの徹底も欠かしません。長距離移動が続いたり輸送ルートに化粧室の無い所が多かったりすれば、そこまで手が回らない傾向も。新亜光学工業株式会社は可能な範囲で清潔感を出すための対策を行い、顧客に好印象を与えるようにします。

お客さんが安心する

輸送の場合、顧客とのコミュニケーションに長い時間を充てないかもしれません。しかし、毎回同じ人が来てくれると、安心感を抱きます。特に接客の対応や身だしなみで印象が良ければ、更に安心感が増すはず。

心理学用語に単純接触効果があり、接触頻度が高いと親近感が湧いて、相手に好意を抱く可能性が高まります。一方、知らない人や事柄に生じると、不安を抱きやすいのもあるようです。

顧客に輸送をする際、新亜光学工業株式会社は可能な範囲で同じ社員が行くようにします。安心感を抱ける以外に光学製品や精密機械に関する質問などもしやすくするのが、1つの理由です。また、情報提供が必要な際は行います。

各種賢く活用して誰もがwin-winになるようなシステムが、物流システムのレベルアップになるかもしれません。