自社物流を行う新亜光学工業株式会社!経営にプラスの部分が多い理由も紹介

>

自社物流システムを上手く活用するには支援も欠かせない

健康面の配慮を欠かさない

新亜光学工業株式会社が行う物流の仕事は、長時間移動以外に外国への渡航となれば1か月以上帰国できないケースも。心身の疲労が蓄積されやすく、ケアが十分にできないと事故のリスクやストレス過多が生じかねません。また、デリケートな精密機械を扱う分、落下による故障や温度や湿度管理のズレで錆発生のような品質劣化を防ぐ作業に対し、大きな緊張感を覚えてしまう社員はいるでしょう。

新亜光学工業株式会社は、物流の仕事を終えてから積極的な休養を推奨しています。特に長期間の渡航をした後は、有給休暇などを利用してまとまった休暇取得ができます。それを活用して、家族サービスや自分の時間に充てているようです。社員の中には長期休暇を1つのモチベーションにしている人もいるはず。長期の旅行などに時間を充てて、心身のリフレッシュを図れるのが1つの理由です。

社員が健康なら事故のリスクを下げる

輸送の仕事を行う社員への健康管理を徹底している新亜光学工業株式会社。健康面の配慮ができていれば、運転以外に作業時の事故を防げる可能性が増します。

睡眠不足が続けば、思考力や判断力の低下を招きやすくなります。特にトラックや船舶での輸送をする際、ヒヤリハットのようなトラブルが起こりかねません。他には、温度や湿度管理をする際にズレが生じることも。何も考えずにできるだけ早く顧客に商品を届けるのもアリですが、新亜光学工業株式会社は品質管理の対策や余裕を持ったスケジュール調整を徹底しています。

新亜光学工業株式会社の社員は、十分な食事摂取も行います。身体に栄養が十分に行き渡らなければ、体調不良を起こしやすくなるので、対策を欠かしません。できるだけ仕事に穴を開けないようにするのも、ハイレベルな物流の仕事をするには大切です。