自社物流を行う新亜光学工業株式会社!経営にプラスの部分が多い理由も紹介

>

新亜光学工業株式会社の物流システムを確認

責任感が出る

精密機械や光学部品は、輸送時に衝撃や落下をすることで破損をする可能性が出ます。特に医療系精密機械のような複雑な構造でできた機器だと、破損をすれば新たに作り直すのに相当な時間を要するはず。

新亜光学工業株式会社は、各商品を運送会社に依頼をしません。たとえ破損やトラブルが生じても自己責任の範囲で済み、自社と顧客との信頼には影響が出ても、きっと運送会社からの信頼低下はありません。

自社で輸送を行うことで一人ひとりの社員が責任感を持つようになれば、トラブル回避の対策を欠かさないはず。時には輸送部門が1つのチームとなり、意見交換や勉強会をする機会も出ます。上手にスキルアップができれば、よりハイレベルな物流システムが構築されて、顧客からの信頼が増します。

品質管理の徹底

精密機械の輸送をする場合、大事な問題が品質管理です。例えば、精密機械や光学部品には錆が生じやすいものを使用するケースが少なくありません。湿度が50パーセント以上になれば、錆や腐食が生じるリスクが増して、品質に影響が出ます。一方、40パーセント以下でも静電気発生に伴い、電気回路に支障が生じかねません。

トラックや船舶を所有する新亜光学工業株式会社は、海外のような遠方からの依頼もあります。場所によっては1か月以上輸送が必要となることも。海や天候の影響を踏まえながら、湿度調整を欠かしません。

また、温度調整は18度から26度程度を理想にします。低いと結露の発生、高いと熱によるダメージを受けるようになりかねません。最適な温度に調整することで、各種トラブル発生を防ぎます。